スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<富士登山競走>今年は7月23日に開催(毎日新聞)

 真夏の富士山を駆け登る第63回富士登山競走(山梨県富士吉田市主催、毎日新聞社など共催)の実行委員会は25日、今年の開催日を7月23日と決めた。同市庁舎(標高約769メートル)を起点に山頂までの21キロ(標高差約3000メートル)と、5合目までの15キロ(同約1480メートル)の2コース。参加資格は18歳以上で、山頂コースの参加には新たに、5合目までのタイムが過去3年以内に2時間半を切ったことがある人という条件が設けられた。定員は山頂コース3000人、5合目コース776人。3月23日から先着順で申し込みを受け付け、締め切りは同31日。インターネット(http://runnet.jp/)か郵送(当日消印有効)で。問い合わせはエントリーセンター(電話03・3714・7924)へ。

【関連ニュース】
富士山の日:山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演
富士山の日:「2月23日」イベントに300人参加 静岡
2月23日・富士山の日:世界遺産めざし、イベントを開催
2月23日・富士山の日:山梨で「講談の夕べ」
特集:「2月23日 富士山の日」 記念座談会 増やせ「ふるさと富士」

<訃報>坂田泥華さん94歳=萩焼陶芸家(毎日新聞)
石原知事、高橋の銅メダル「まあ、銅から始めようだな」(産経新聞)
参政権掲載は6教科書 センター試験 つくる会が疑問点 (産経新聞)
蛇行オートバイに追突、少年2人死傷させる(読売新聞)
消防機関からAED不具合の疑い事例報告328件(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

国会運営「なめられっぱなしだ!」 自民、副幹事長から執行部に厳しい声 (産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長と川崎二郎国対委員長は19日、党本部に副幹事長を緊急招集し、平成22年度予算案をめぐる国会対応をめぐり意見交換した。予算案の年度内成立が確実な情勢の中で、党内では国会運営への不満が渦巻いており、各派閥代表である副幹事長に「ご相談」を持ちかけ、ガス抜きを図ったようだ。

 会合で、大島、川崎両氏は、衆院予算委員会で要求している「政治とカネ」をめぐる証人喚問や参考人招致を与党側が応じなければ、22日から審議拒否を検討する考えを表明。副幹事長からは「与党になめられっぱなしのまま予算案の衆院通過を許してはならない」など厳しい声が相次ぎ、最終的に予算案の年度内成立が決定的となる3月2日までの衆院通過を阻止していくことで一致した。

 だが、審議拒否は「委員会に参加して追及した方がダメージは大きい」(柴山昌彦衆院議員)と否定的な声が続出。与党に譲歩を引き出す材料さえ見つけられない国対幹部の無策ぶりに批判の声は相次ぎ、ある副幹事長は「どこまでもなめられっぱなしだ」と吐き捨てた。(水内茂幸)

【関連記事】
「谷垣語解釈して」記者会見で謎の訴え
自民が参院比例で衆院落選の小坂、佐藤両氏を公認へ
コアラ、ビックリ?三原じゅん子、自民から参院選出馬!?
自民党内に危機感 舛添氏が新勉強会発足 
自民、参院選にらみネット解禁法案策定へ

山口県で震度4(時事通信)
「押尾被告は事実話して」麻薬譲渡被告の初公判(読売新聞)
藤田まことさん死去 逆境にも涙をのんで仕事人(毎日新聞)
「パチンコ必勝法教える」と詐欺容疑=全国で被害5000万円か-茨城県警(時事通信)
<雑記帳>鉄腕アトムの五月人形を発売 群馬の人形店(毎日新聞)

夜間・休日の急病、「救急車を呼ぶ」が半数近く(医療介護CBニュース)

 東京都が昨年12月に実施した調査によると、夜間や休日に家族の具合が急に悪くなるなどした場合に選択する対応方法は、「救急医療機関や当番医に電話で相談する」が64.3%で最も多かったが、「救急車を呼ぶ」と答えた人も46.3%と半数近くに上った。一方で、救急車を呼ぶかどうか判断に迷った時に連絡する「東京消防庁救急相談センター(#7119)」に電話する人は25.1%にとどまった。

 調査は昨年12月11-17日、成人の東京都民500人を対象にインターネット上で実施。482人から回答があった(回答率96.4%)。

 夜間や休日に自分や家族が急に具合が悪くなるなど、判断に迷った時に選択する対応方法を聞いたところ(複数回答)、「救急医療機関や当番医(市区町村の休日夜間急患センター)に電話で相談する」(64.3%)が最も多く、次いで「救急車を呼ぶ」(46.3%)、「自家用車やタクシーで救急医療機関や当番医を受診する」(35.7%)、「家族や友人・知人などに相談する」(29.3%)、「東京消防庁救急相談センター(#7119)に電話する」(25.1%)などの順だった。

 また、過去1年間に自分や家族が休日・夜間に医療機関を実際に受診したことがある人の割合は35.9%だった。さらに、その経緯を聞いたところ(複数回答)、「緊急性が高いと判断した」が60.7%で最も多く、「翌日まで待つには不安が大きかった」が43.4%でこれに次いだ。以下は、「救急相談センターや、救急医療機関に電話し、受診するよう言われた」と「昼間や平日に都合がつかず、夜間や休日に受診した」が共に14.5%だった。


【関連記事】
消防機関からAED不具合の疑い事例報告328件
AEDのとっさの操作に「自信ない」が約7割
一般市民による心肺蘇生で生存率向上-消防庁統計
救急車の出動、昨年は6.2秒に1回に減少-消防庁
救急搬送先、都民の約8割が「すぐ決まるか不安」

<マータイさん>ショップ訪問 小田急・新宿店(毎日新聞)
<不明男性強殺>5容疑者を再逮捕…千葉県警(毎日新聞)
民主・石井氏「鳥取、島根は日本のチベット」(読売新聞)
長崎知事選で敗北 小沢氏「迷惑かけて申し訳ない」(産経新聞)
死体遺棄 冷凍の乳児2遺体 愛知のスーパー(毎日新聞)

両親、元市職員らを提訴=3児死亡飲酒事故-福岡地裁(時事通信)

 福岡市で2006年、幼児3人が死亡した飲酒運転事故で、3児の両親が17日までに、車を運転していた元市職員今林大被告(25)=二審で懲役20年、上告=ら5人を相手取り、計約3億5000万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こした。提訴は5日と9日付。
 両親の代理人弁護士によると、今林被告のほかに、同乗男性2人と車を所有していた被告の父親に対し、慰謝料などを請求。また、飲酒検知前に水を飲ませた知人男性についても、200万円の賠償を求めている。 

【関連ニュース】
死亡ひき逃げ過去最少=大阪、愛知で大幅減
飲酒で免職、最多16人=警察の09年懲戒処分
「フリー」が期間限定びん=ハンドルキーパー運動を推進
飲酒運転で女性はねる=引きずりながらUターン
被害者参加、二審は実刑=死亡ひき逃げの男

<鳩山首相>政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません(毎日新聞)
<首相偽装献金>元秘書の初公判は3月29日(毎日新聞)
「目があった」中2が高校生を暴行、1カ月の重傷負わす(産経新聞)
「メダカのように泳いでます」=五輪選手団にもエール-野口さん、宇宙基地から会見(時事通信)
小沢氏、政策立案機関設置に難色示す(産経新聞)
プロフィール

こんのえつこ

Author:こんのえつこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。